座間市野球協会規約

記念事業基金規定

規律審査委員会規

表彰審査委員会規

記録部設置規

広報部設置規

審判部設置規

学童部設置規

競技運営に関する理事会決定事項

競技運営に関する注意及び審判長注意事項







座間市野球協会規約

 

 

 

第1章  名 称 及 び 事 務 所

 

第1条 本協会は、座間市野球協会(以下「協会」という。)と称する。

第2条 協会は、座間市内に置く。

 

第2章  目 的 及 び 事 業

 

第3条 協会は、野球愛好者のために健全なるスポ−ツ振興を図り、会員相互の親睦と協力により市内青少年のスポ−ツ精神を育成することを目的とする。

第4条 協会は、前条の目的を達成するために次の事業を行なう。

(1) 野球大会の主催及び後援(春季大会、秋季大会)

(2) 野球講習会の開催

(3) 少年及び学童野球大会の普及発展に関する事業(春季大会、夏季大会、秋季大会、秋季新人大会)

(4) その他目的達成に必要な事業

 

第3章  組         織

 

第5条 協会は、市内の野球団体並びに野球愛好者をもって組織する。

第6条 協会は、市内居住者及び勤務者を規準にして結成されている野球チ−ムで規律審査委員会の審査を経て加入手続を完了したチ−ムを所属チ−ムとする。

 

第4章  役         員

 

第7条 協会に次の役員を置く。

会 長 1名・副会長 若干名・理事長 1名・副理事長 若干名・常任理事 若干名

理 事 若干名・監 事 2名

2 役員の任期は2年とする。ただし、当該役員が欠けた場合の補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 役員は再任することができる。

第8条 役員の選出方法は、次のとおりとする。

(1) 会長は理事会で推挙する。

(2) 副会長は、会長が推蝛し理事会の承認を得て、会長が委嘱する。

(3) 理事長、副理事長及び常任理事は、理事の互選とし、会長が委嘱する。

(4) 理事は、所属チ−ムより推蝛し、会長が委嘱する。会長は必要に応じ推蝛理事を置くことができる。

(5) 会計は、理事会が推蝛し会長が委嘱する。

(6) 監事は、所属チ−ムより推蝛し、会長が委嘱する。

第9条 役員の職務は、次のとおりとする。

(1) 会長は、協会の代表者として会務を統轄する。

(2) 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代理する。

(3) 理事長は、理事会を代表して会務を執行する。

(4) 副理事長は、理事長を補佐する。         

(5) 常任理事は、部及び委員会を代表し統括する。

(6) 理事は、協会の運営方針及び企画面に協力し、所属チ−ムの代表発言者として理事会を構成し、議決権を有する。

(7) 会計は、協会の会計を司る。

(8) 監事は、会計を監査する。

10条 会長は、理事会の議決により名誉会長、顧問及び参与若干名を委嘱することができる。名誉会長、顧問及び参与は会長の諮問に応ずる。

 

第5章  会         議

 

11条 常任理事会は、会長、副会長、理事長、副理事長、常任理事をもって組織する。常任理事会は会長が召集し、会議の議長となる。

2 常任理事会は、本会の重要事項を審議する。

12条 理事会は、必要に応じ理事長が召集し、会議の議長となる。

2 理事会は本規約に規定した事項、その他重要事項を審議し、議決するものとする。

13条 代表者会議は各チ−ムより選出された代表者をもって組織する。会議を行なう場合は理事長が召集し議長となる。

2 代表者会議は、協会の運営上理事会に於いて議決された事項について報告を受ける。

 

第6章  会         計

 

14条 協会の経費は次に掲げるものをもつてこれに充てる。

(1) 加入金 (2) 年間登録料 (3) 大会参加費 (4) 寄付金 (5) 補助金

(6) その他

15条 会計年度は毎年1月1日から12月31日までとする。

16条 協会の予算は毎年度開始前に理事会に於いて議決し、決算は会計年度終了後監事の監査を受けた上でこれを理事会に提出し、承認を得た後に代表者会議で報告する。

17条 協会の代表者として競技及び会議等に参加する場合は予算の定めるところにより旅費等を支出することができる。

 

第7章  規         律

 

18条 協会に登録されている選手等が第3条の精神に違反する行為をなしたる場合は、規律審査委員会の審査を経て、理事会の決定により、除名若しくは所属チ−ムの大会出場停止等をすることができる。

19条 協会は、全日本軟式野球連盟規程を準用する。

20条 この規約施行に必要な規定等は理事会の議決を経て、会長がこれを定める。

 

附  則

1 座間町軟式野球連盟規約(昭和22年4月制定)は廃止する。

2 座間市軟式野球連盟規約(昭和46年10月制定)は廃止する。

3 本規約は、昭和52年1月1日から施行する。

4 本規約に基づき新たに議決されない事項等は、座間市軟式野球連盟規約を準用する。

5 本規約は、昭和60年1月1日から施行する。

6 本規約は、平成3年1月1日から施行する。

7 本規約は、平成7年1月1日から施行する。

8 本規約は、平成19年1月1日から施行する。

 








記念事業基金規

 

 

(設置の目的)

第1条 この規程は、座間市野球協会が記念事業を実施するに必要な費用に対応する財源を積立てるため、座間市野球協会記念事業基金(以下「基金」という。)設置する。

(基金の額)

第2条 毎年度基金として積立てる額は、加入金及び基金の運用から生ずる収益をもっ充てる。

(管  理)

第3条 基金に属する現金は、金融機関への貯金その他最も安全確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

(繰替運用)

第4条 会長は必要があると認めるときは、理事会に諮り、確実な繰り戻しの方法、期間及び利率を定め基金に属する現金を繰り替えて運用することができる。

(処  分)

第5条 この基金は、第1条に規定する設置の目的の財源に充てる場合に限り、その全部又は一部を処分することができる。

(委  任)

第6条 この規程に定めるもののほか、基金の管理について必要な事項は、会長が別に定める。

 

附 則

1 本規程は、昭和58年1月1日から施行する。

2 本規程は、平成7年1月1日から施行する。

3 本規程は、平成19年1月1日から施行する。

 







規律審査委員会規

 

 

第1条 規律審査委員会(以下「委員会」という。)は、座間市野球協会(以下「協会」という。)の規約第7章規律について、次の事項を審査することを目的に設置する。

(1) チ−ムの登録

(2) 新規加入チ−ムの審査及び決定

(3) 大会運営の取り決め事項の指導及び反則者の審査

(4) 協会規約第3条の指導及び反則者の審査

第2条 委員会の委員は若千名とし、理事の互選とし理事長が委嘱する。

2 委員の任期は2年とし再任を妨げない。

3 補欠によって就任した委員の任期は前任者の残任期間とする。

第3条 委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代行する。

第4条 委員会は理事会から依頼された第1条第1項各号の事項を審査し、出席委員の過半数をもって決定する。可否同数のときは委員長の決するところによる。

2 委員長は決定事項を速やかに理事長に報告する。

3 審査、決定にあたっては、協会規約及び全軟規程を準用する。

 

附 則

1 本規程は、昭和58年1月1日から施行する。

2 本規程は、平成7年1月1日から施行する。

3 本規程は、平成19年1月1日から施行する。

 

 







表彰審査委員会規

 

 

第1条 表彰審査委員会(以下「委員会」という。)は、座間市野球協会(以下「協会」という。)において最も権威ある表彰を行なうために審査する機関として設置する。

第2条 委員会の委員は若干名として、理事の互選とし理事長が委嘱する。

2 委員の任期は2年とし再任を妨げない。

3 補欠によって就任した委員の任期は前任者の残任期間とする。

第3条 委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代行する。

第4条 委員会の審査にあたっては、協会への所属団体又は個人で、永年にわたり協会発展並びに野球の発展に貢献した程度によって選考する。ただし、単一の競技又は技術の結果をもって被表彰者としてはならない。

第5条 被表彰者は5名以内とし、2年毎(協会役員改選年度)に行なう。ただし、該当者がない場合はこの限りでない。

2 候補者の推蝛は各委員会及び部から行い、各委員長及び部長は、その功績を記した「推蝛書」を委員長に提出する。

3 委員長は、委員会を開き前項の推蝛書に基づき候補者の中から出席者全員の賛成を得た者を理事長に報告する。ただし、委員が候補者となった場合、その委員は審査に加わることができない。

第6条 被表彰者は、理事会が定める方法で永久に表彰される。ただし、その後刑事事件等により社会的信用を失ったときは理事会の決定によりその表彰が抹消されることがある。

第7条 委員会は、協会の主催する各種大会の審査及び表彰について行なうものとする。

 

附 則

1 本規程は、昭和58年1月1日から施行する。

2 本規程は、昭和62年1月1日から施行する。

3 本規程は、平成7年1月1日から施行する。

4 本規程は、平成19年1月1日から施行する。






記録部設置規

 

 

第1条 記録部(以下「部」という。)は、座間市野球協会(以下「協会」という。)主催(主管、後援、協賛を含む)する大会及び諸行事に関する記録、保存等を行なうため、つぎの事項を行なう。

(1) 市内外の野球大会の記録、集計、資料収集

(2) 記念事業及び講習会等のアルバム、記録誌等の作成

第2条 部は、理事から互選した者及び部長が推蝛した者で、組織する。

2 部員の任期は2年とし再任は妨げない。

3 補欠によつて就任した部員及び係員の任期は前任者の残任期間とする。

第3条 部に部長及び副部長を置く。

2 部長は部を代表し、会務を総理する。

3 副部長は部長を補佐し、部長に事故るときはその職務を代行する。

 

附 則

1 本規程は、昭和58年1月1日から施行する。

2 本規程は、平成7年1月1日から施行する。   

3 本規程は、平成19年1月1日より施行する。  

 

 

 







広報部設置規

 

 

(名 称)

第1条 この部は、座間市野球協会(以下「協会」という)広報部(以下「部」という)という。

(目 的)

第2条 この部は、協会の活動を協会構成員及び広く一般に対し周知し、よって協会発展に寄与することを目的とする。

(組 織)

第3条 この部は、協会統括の基にあり、協会に所属するチーム構成者の中から、理事長又は部長が推蝛したもので組織する。

2 この部に部長を置き、部長は部を代表するものであり、協会の理事がこれにあたるものとする。

(事務所)

第4条 この事務所は、部長宅に置く。

(役 員)

第5条 この部に役員を置く。

部 長     1 名

副部長     若干名

部 員     若干名

会 計     1 名

監 事     1 名

2 役員の任期は、2年とする。但し再任は妨げない。

3 役員はその任期を満了した時において、後任者が就任するまでの間、引き続き職務を行うものとする。

4 この部に顧問を置くことが出来る。

(会 計)

第6条 この部の運営に要する経費は、協会よりの助成金等によるものとする。

2 会計年度は、1月1日より12月31日とする。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、部長が定める。

 

附 則

1 本規程は、平成16年2月6日から施行する。

2 本規程は、平成19年1月1日から施行する.

 







審判部設置規

 

 

(名 称)

第1条 この部は、座間市野球協会審判部(以下「部」という。)という。

(目 的)

第2条 部は、座間市野球協会(以下「協会」という。)主催の野球大会を主管し、野球規則に基づき審判技術の向上を図ると共に研究し、部員相互の親睦と協力によりアマチュアスポ−ツ精神の健全な育成発展を図ることを目的とする。

(組 織)

第3条 部は、前条の目的に賛同する市民または市内在勤者をもって組織する。

(事務所)

第4条 部の事務所は審判部長(以下「部長」という。)の自宅に置く。

(役 員)

第5条 部に次の役員を置き部員の互選とするものとする。

  部 長   1 名

  副部長   若千名

  監 事   2 名

  会 計   1 名

2 役員の任期は2年とする。

3 役員はその任期が満了したときにおいても後任者が就任するまでの間、引き続きその職務を行なうものとする。

4 顧問を置くことができる。

(会 議)

第6条 会議は、総会及び部長が必要と認めた都度とし、部長が召集し、会議の議長となる。

(会 計)

第7条 部の運営に要する経費は、部員の部費と協会からの助成金及び寄付金等によるものとする。

 ただし、部費は総会で承認を得るものとする。

 会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

第8条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は部長が定める。

 

附 則

1 本規程は、昭和50年4月12日から施行する。

2 本規程は、昭和62年1月1日から施行する。

3 本規程は、平成3年1月1日から施行する。

4 本規程は、平成7年1月1日から施行する。

5 本規程は、平成19年1月1日から施行する。

 








学童部設置規

 

 

(名 称)

第1条 この部は、座間市野球協会学童部(以下「部」という。)という。

(目 的)

第2条 部は、学童の体位向上及び健全なスポ−ツ精神と正しい野球の振興に努め、明るい少年育成を目的とする。

(組 織)

第3条 部は、座間市野球協会(以下「協会」という。)統轄の基にあり、市内に居住する成人者を代表者(男女を問わない)として児童で編成したクラブチ−ムで、協会に加入手続を完了したチ−ムを所属チ−ムとする。

2 部に部長を置き、部長は部を代表するものであり、協会の学童部担当理事がこれにあたるものとする。

(事務所)

第4条 部の事務所は部長の自宅に置く。

(役 員)

第5条 部に次の役員を置く。

部 長 1名 ・ 副部長 若干名 ・ 幹 事 若干名 ・ 会 計 1名

監 事 2名

2 部長は、必要に応じ推蝛幹事を置くことができる。ただし、理事会に報告するものとする。

3 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。

4 役員は、その任期が満了したときにおいても後任者が就任するまでの間、引続きその職務を行なうものとする。

5 顧問を置くことができる。

(会 議)

第6条 会議は部長が必要と認めた都度、幹事会を開催する。部長は必要に応じ協会役員の出席を求めることができる。会議の招集及び会議の議長は部長が行なうものとする。

(会 計)

第7条 部の運営に要する経費は、協会からの助成金、寄付金等によるものとする。

2 会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

3 事業計画及び予算については幹事会で決議し、これを協会に提出するものとする。

4 事業報告及び決算については監事の監査を受けた上、幹事会の承認を経た後に協会に報告するものとする。

(その他)

第8条 学童部審判団を設置する。規程は別に定める。

2 この規程に定めのないものは、協会の規約及び全日本軟式野球連盟規程を準用するものとする。

 

附 則

1 本規程は、昭和53年1月1日から施行する。

2 本規程は、昭和62年1月1日から施行する。

3 本規程は、平成7年1月1日から施行する。

4 本規程は、平成19年1月1日から施行する。

 

 







競技運営に関する理事会決定事項

 

 

1 競技運営に関する注意事項

(1) 代表者会議及び主将会議で説明又は決められた事項は、チ−ム全員に徹底させること。

(2) チ−ムが棄権する場合の処置

ア 試合当日朝までに球場に連絡すること。

イ 棄権する場合でも必ず大会協力員は1名以上を義務づける。

ウ 大会協力員はスコア−ブックを記録できる者とする。(ただし、協会に登録されている者。)

エ 試合予定の当日が雨天等で試合が中止となった場合は、棄権を取り消し、次回試合予定(ホームページ若しくはテレホンサ−ビスで確認する)の再出場を認める。したがって、再度棄権をする場合は前回と同じ棄権する手続きを取ることとする。

オ 対戦相手チ−ムは試合当日グラウンドにおいて審判員の勝利宣告を得て不戦勝とする。この処置を受けない場合は前項の処置イ〜エと同様とする。

カ 以上の棄権に対する義務を怠った場合は、1年間の出場停止とする。

(3) 協会主催の公式戦における大会協力員は、スコア−ブックの記録ができる者とする。(協会にスコアラ−として登録されている者)

ア 登録名簿の中にスコアラ−を登録制とする。

イ スコアラ−は選手兼任でもよいが選手外でも認める。

ウ スコアラ−の登録制により協会主催でスコア−ブックの講習会を開催するので、スコアラ−として登録されている者は必ず受講すること。

(4) 試合当日の出場チ−ムの集合時間厳守について

ア 試合開始予定時刻の30分前にグラウンドに集合すること。なお、試合開始の整列時に10名以上集まらないときは棄権とする。

イ メンバ−交換は5回終了時または試合開始予定時刻の30分前に行なうことを徹底する。

  なお、控え選手もメンバ−表に記入すること。(メンバー交換時に球場に来ていない選手は記入しないこと)

(5) ユニホ−ム(スパイク、帽子、アンダ−シャツ、ストッキング等)は同一同色のものを着用すること。

(6) 試合中の禁煙について

ア 協会役員、審判員、選手及びチ−ムの応援者は試合中球場内では一切禁煙とする。

イ 喫煙は休憩時間のみ指定の場所で行なうこと。

ウ チ−ム責任者は、特に応援の者については注意し協力を得ること。

(7) その他については全軟連(競技者必携)の競技運営に関する注意事項をよく徹底すること。

(8) 運営委員(協会理事)は大会期間中はできるだけ会場に出向き大会運営に協力すること。

(9) 試合中の事故について

協会としてはケガの応急手当ができる程度の準備はしますが、その他は責任は持ちません。チ−ム及び選手個々で事故のないように準備体操等の健康管理を行なってください。出場選手はできるだけ保険証を持参するよう心がけて下さい。(チーム団体スポーツ保険の加入を希望)

10) 上記内容は変更されることがあるが、代表者会議等でその都度周知する。

 

2 クラス別及び外部大会出場チーム選出方法

●春季大会

Aクラス 4チーム  リーグ戦   (前年秋季大会1〜4位チーム)

                  ◆優勝チーム  神奈川県知事杯争奪大会に派遣

Bクラス 4チーム  リーグ戦    前年秋季大会 Bクラス 1位・2位チーム

                   前年秋季大会 Cクラス 1位・2位チーム

                 ◆優勝チーム  伊勢原道灌祭大会に派遣

 

Cクラス       トーナメント戦 前年秋季大会 Aクラス 5位チーム

                   前年秋季大会 Bクラス 3位以下全チーム

                   前年秋季大会 Cクラス 3位以下全チーム

                   新規加入登録チーム

                  ◆優勝チーム  北相地区親善大会に派遣

 

壮年クラス      トーナメント戦 前年秋季大会 全チーム

                   新規加入登録チーム

●秋季大会

Aクラス 5チーム  リーグ戦    前年秋季大会 1位〜4位チーム

                   前年秋季大会 Bクラス 1位チーム

                  ◆優勝チーム  天皇賜杯県大会に派遣

                  ◆準優勝チーム 国体県大会に派遣

                  ◆準優勝チーム 小田急沿線八市親善大会に派遣

 

Bクラス 24チーム トーナメント戦 前年秋季大会 Aクラス 5位チーム

                   前年秋季大会 Bクラス 上位7チーム

                          (以上8チームシード権)

                   前年秋季大会 Bクラス 一回戦勝利8チーム

                   前年秋季大会 Cクラス 上位8チーム

                  ◆優勝チーム  高松宮賜杯県央大会に派遣

 

Cクラス       トーナメント戦 前年秋季大会 Bクラス 未勝利8チーム

                   前年秋季大会 Cクラス 下位全チーム

                   新規加入登録チーム

                  ◆優勝チーム  高松宮賜杯県央大会に派遣

 

壮年クラス      トーナメント戦 本年春季大会 全チーム

                   新規加入登録チーム

                  ◆優勝チーム  国体成年県央大会に派遣

                  ◆準優勝チーム 関東・東北壮年県央大会に派遣

●学童部関係

各種大輝の派遣チームは全て推蝛委員会にて決定するが、支部大会の成績等も参考にする。

●外部大会に出場した派遣チームは結果を理事長及び広報部長に報告すること。

 

附 則

1 昭和53年11月18日から施行する。

2 平成9年1月1日から施行する。

3 平成19年1月1日から施行する。   

 







競技運営に関する注意及び審判長注意事項

 

 

 1 代表者会議には、監督または主将は競技者必携を持参し必ず出席すること。(出席しないチ−ムは棄権とみなす。

 2 ベンチは組合せ番号の若い方を一塁側とする。攻守は担当理事及び審判員立会の上、その都度決める。

 3 試合は特別に定める場合を除きすべて7回とするが、試合開始後1時間30分(第3アウト成立時)を経過したら新しいイニングに入らない。なお、後攻チ−ムがリ−ドしていた場合は、攻撃中でも時間が経過した時点で試合を打ち切る。(残り時間5分の場合も試合を打ち切る。)いずれも正式試合となる。Aクラスは、1時間30分以内であれば9回まで行なう。

 4 得点差によるコ−ルドゲ−ムを採用する。5回以降7点差とする。

 5 暗黒、降雨等などで試合が途中(4回以前)で中止になった場合は、ノ−ゲ−ムとする。5回終了時で試合が中止になった場合は均等回の得点をもって勝敗を決する。なお、同点の場合は最終選手9人づつによる抽選。

 6 正式試合が終了したとき、同点の場合は特別ル−ルによる延長戦で勝敗を決する。特別ル−ルは1死満塁で、継続打順(前回の最終打者を1塁走者とし、2塁3塁の走者は順次前の打者とする。)で行う。延長1回で勝敗が決しない場合は、最終選手9人づつによる抽選により勝敗を決する。

 7 試合開始予定時間になっても球場に来ないチ−ムは棄権とみなす。

 8 試合開始予定時間前でも、前の試合が終了した後15分で次の試合を開始することがある。

 9 投手の投球練習時には、捕手は必ずヘルメット、レガ−ス、プロテクター、マスクを着用すること。(危険防止)

10 ファウルボ−ルの処置について

 (1) 1塁側に止まったものは1塁側、3塁側に止まったものは3塁側で処理する。

 (2) 捕手の後方に止まったものは攻撃側で処理する。

11 放棄試合は理由の如何を問わず許さない。

12 試合規則はグラウンドル−ルで特に決められた以外は公認野球規則、競技者必携による。

13 試合中審判員に暴言や暴力があった場合、理由の如何を問わずただちに退場させる。

14 試合開始時間は、両チームの礼、終了時間は、球審のゲ−ムセットのコ−ル。

15 社会人野球については大会協力員を次のとおりとする。

 (1) 各チ−ムは登録されている記録部係員(スコアラ−)2名を定められた試合に提出すること。

16 社会人各大会のリ−グ戦成績は次のとおりとする。

   正式試合終了時に同点の場合は特別ルールは行わず引分けとする。

 (1) 勝点(勝利チーム3点・引分けチーム1点)

 (2) 勝率(得失点差)

 (3) 上記でも決定しない場合は得点の多いチ−ム

 (4) 抽選

17 試合日程及び当日雨天の際の連絡について

   試合日程はテレホンサ−ビス(254−0000)もしくは協会ホームページで確認すること。(変更する場合もありますので毎週確認すること。)

   試合の有無の問い合わせは、テレホンサ−ビス(254−0000)当日午前7時以降とする。

18 学童部の注意事項は別に定める。

 

附 則

1 平成7年1月1日から施行する。

2 平成19年1月1日から施行する。